ホーム > 2代目社長 Diary

リノベ現場打合せ

2018.09.27

パラペット思い切って切断したので、ちょっとおかしな感じになってますが

メッチャかっこよくなりますのでご安心を。。。

先日、断熱工事をしました。

今日はとても寒かったのですが、現場はみんなの熱気が逃げずにこもってポッカポカ☆

ウレタンの断熱材はほんとに凄いね。

断熱工事する前は雨の音とかも気になったんだけど、全く聞こえないから遮音性もメッチャ上がるぅ⤴

丁寧に吹いてくれてる。よしよしヾ(・ω・`)

 

現場吹付ウレタン工事はいくつかあって、これは一番高くて断熱性が高いやつです。

金額の違いは2倍~2.5倍違います。

(新築の時使うFPパネルはこの高い仕様の倍します、、、もっと安くシローそうだ!そうだ!!)

 

現場で造作の打合せをしました。

先ず、お施主様と私で考えているイメージを手書きでスケッチします。

(下手くそでごめんなさい🙇)

間取り上左側の壁はありませんので、造作で壁を施工します。

ただ現場でここに造作壁を作ってほしいと言っても大工さんにちゃんとした意図が伝わらないと失敗します。

下手でもこのスケッチがあるおかげで、大工さんからこういう造作を考えているのなら壁の下地を〇〇したらどう?など

熟練のアドバイスをもらったりします。こういうコミュニケーションってとても大切です。

これはキッチン背面のイメージです。

こちらも左側の壁は造作になります。

メーカーの収納より、開口を広げてごみ箱置きたいなどラフ図でイメージを伝えるて

大工さんに完成形を考えながら造作していただくと仕上がりはよりよくなりますのでおススメです!