ホーム > 2代目社長 Diary

タイル

2018.11.24

リノベ現場で既存の外観に

一部分天然目を張っただけで全くイメージが変わります。

 

ビフォアー

 

アフター

 

最近マイブームのカラ松を縦張りで張り

 

和風 → 和モダンに。

 

まだ下塗りなのでもう少し濃いめの色になります。

 

 

お家の中。

 

本日タイルが届きました。

 

 

こちらは、ポルトガルで作られた伝統的なタイルです。

 

こちらは、4枚で1つの柄になります。

 

 

奥様が一目ぼれされて

 

キッチン部分に張りたいとご要望。

 

私の心の声

どうしよう。キッチン部分は造作もないし、タイルを見切れるところが無いぞ。

とってつけたような造作は絶対に嫌だ。

 

考えろー自分

 

・・・ ・・・ 💡

 

キッチン背面のカップボードをこのように考えました。

 

 

当初の予定は窓芯でW1650サイズのカップボードカウンターが来る予定でしたが

カウンターとエンドパネルを造作にして

窓下からカウンターにピッタリタイルがはまるようにデザインしてみました。

 

これをお施主様にプレゼンしたらメッチャ喜んでいただけて一安心。

エンドパネルの右側には冷蔵庫が来るので

高いタイルを見えなくところにはお金を掛けさせたくないという思いからひらめいた造作。

 

お施主様の立場になって考える事って大切ですよね。