ホーム > ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017

セレクトホームが一般財団法人日本地域開発センターが主催する
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」
優秀賞選ばれました!

趣旨

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は、建物外皮とエネルギー設備機器を一体として捉え、トータルとして省エネルギー性の優れた住宅を表彰する制度です。

表彰住宅の選定にあたっては、学識経験者などで構成される審査委員会が厳正な審査を行います。

本制度はジェントルマンシップに基づく一般財団法人による公平 ・中立な表彰制度であり、 日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献することを目指しています。

評価の視点

次の3つの視点から、審査委員会で審議を行い、 トータルとして省エネルギー性の優れた住宅を選定し、表彰します。

視点1
外皮・設備の省エネルギー性能値

住宅の躯体・ 開口部・設備機器の性能を、「住宅の省エネルギー基準(平成28年省エネルギー基準)※」により数値化して評価します。

※建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)、 および住宅部分の外壁、 窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準

視点2
多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性その他の取り組み

視点1での定量的な評価が難しい省エネルギー技術・手法および健康、快適性その他の取り組みなどを総合的に評価します。

視点3
省エネルギー住宅の普及への取り組み

供給戸数、情報発信等を考慮し、省エネルギー住宅普及への各種取組を総合的に評価します。

評点の割合は、視点1を60%程度、視点2および視点3の合計を40%程度とし、審査委員会で総合的に評価するものとします。

審査体制

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー審査委員会

最高顧問伊藤 滋  早稲田大学特命教授
委員長坂本 雄三  東京大学 名誉教授
委員秋元 孝之  芝浦工業大学 教授
委員寺尾 信子  株式会社寺尾三上建築事務所 代表取締役